2023-03-15

統合失調症の陰性期

統合失調症の薬の副作用と陰性症状

統合失調症の幻聴と妄想に苦しんだ時期をリスパダールという薬で乗り越えた私ですが、 次にはうつを伴う陰性症状と薬の副作用によって手が勝手に動く、不随意運動が起こりました。 リスパダールという薬に出会ってから急速に症状が良くなったのですが、副作用で太りやすくなり、寝てばかりいるようになりました。 この頃には生きる希望を失ってしまい、死ぬことばかりを考えていました。 眠ることが出来るようになったのは進歩ですが、引きこもりのような状態になっていきました。