2023-03-12

障害年金について

自分でできる障害年金申請(診察編)

障害年金申請のためには診断書に受給資格があるほどの症状があることを記載してもらわなければなりません。 そのためには、症状を重く書いてもらう必要がありますが、診察を受けるときにコツがあります。 お医者さんというのは患者の観察者であり、病気の当事者ではありません。 従って患者の外見で症状を判断します。 日頃、どんなにしんどくて寝たきりのような状態でも病院に行く時くらいきちんとした身なりで診察を受けたいと思う方も多いでしょう。 しかし、自分を鼓舞するようにして頑張って診察に臨むと症状が軽快していると勘違いされてしまいます。